2006年02月19日

ウェブ進化論

『ライブドア前社長の堀江貴文被告が、自民党の武部勤幹事長の二男に3000万円を送金するよう指示したとされる電子メール。

ホリ
う〜ん・・・・・・どうでしょう?!

暗闇の攻撃???

トリノオリンピック
勝てない、本当に勝てない。こんなにメダルが取れないオリンピックも珍しい。昨日のジャンプに期待したが、やっぱり勝てない。いくつか惜しいものもあったが、ここまでメダル0というのも、近年まれにみる(ような気がする)。


ホリ

本当だよね〜どうなっているの?!期待してます!!荒川さん☆



就職活動・就職


ホリ
そうですね〜新卒・春の季節♪
出会いもあれば、別れもある。
複雑っす。。。。。




北海道から素晴らしい商材PB???

ナマラダベヤ


肉を片手に全国・アジアNO1ブランド構築奮闘ブログ

だべ店長blog

  

Posted by jccsapporo at 12:10Comments(59)TrackBack(31)

2006年01月25日

ああ〜ライブアド〜新資本主義未来に関して1

d8c00454.jpgかなり、私たち世代にある意味貢献していただいたカリスマがこういった形でなるとは誰が想像したでしょうか? 既得権利問題じゃん!政治家の野郎め!

って思うのはホリだけでしょうか?

そういった仕組み(システム)を作りながら・・・あぁぁぁぁぁ

もうこういったblogで書いてるもおさまりつかないです!

必ず堀江さんカンバック・サーモンですよ。・・・

・・・

・・・

寒い。

エール送りましたから!☆





証券取引法違反容疑で社長の堀江貴文容疑者(33)らが逮捕されたライブドア(東京都港区)が04年6月、財務担当取締役の宮内亮治(38)と金融子会社「ライブドアファイナンス」(LDF)社長の中村長也(38)の両容疑者を、虚偽の買収公表の舞台となった情報誌出版会社「マネーライフ社」の役員として送り込んでいたことが分かった。グループは4カ月後、この事実を隠したまま「買収予定のマネーライフは、ライブドアとは人的関係がない」と虚偽の公表を行った。
 商業登記簿謄本を入手すれば一目で分かるずさんさで、宮内容疑者による巧妙な買収工作のほころびが浮かんだ。東京地検特捜部は、役員兼務の隠ぺいを同法違反の偽計・風説の流布容疑を構成する重要な事実とみて、堀江容疑者らを追及している模様だ。
 マネーライフの登記簿謄本などによると、ライブドア、LDF両社で取締役を務めていた宮内容疑者は、04年6月4日からマネーライフ役員を兼任。中村容疑者も同日からマネーライフ役員を兼任し、いずれも同7月14日に登記された。しかし、関連会社「ライブドアマーケティング」(LDM、当時バリュークリックジャパン)が04年10月25日に公表した文書では「当事会社(マネーライフなど)の間に人的関係の該当事項はない」と虚偽の事実が記載されていた。
 両容疑者が役員を兼任した04年6月には、ライブドアが出資・支配する「VLMA2号投資事業組合」が現金4200万円を支払ってマネーライフを買収済みで、関係者は「公表日より前に役員を送り込んでいた事実が明らかになれば、一連の工作が発覚するためではないか」と指摘する。
 マネーライフ買収を巡っては、ライブドア側が組合を通じて、04年6月に4200万円で買収していたが、その事実を隠し、同年10月、組合が持つマネーライフ株と株式交換することで買収すると公表。マネーライフの企業価値を過大に評価して、交換のため新規発行した16万株に上る大量のLDM株を海外のファンドに売却することで、当初の買収額の15倍を超える約6億6000万円がライブドア本体に還流した。
  
Posted by jccsapporo at 13:25Comments(104)TrackBack(59)

2005年11月29日

肺炎で死にそうでした・・・

5e9081c5.jpgみなさんお元気でしょうか??

ホリは鳥インフルエンザ&アスベストを吸いすぎて半死んでいました。。。
(うそです)笑。。。

最近・・・今話題の偽装耐震マンション・ホテルなどの取材&勉強で。

上記は少し本当。


もう、今年もわずかなので更新のオンパレードでいきます!!!






よろしくお願い致します。
(最近・・・草さん主演の『恋に落ちたら』をDVDレンタルして楽しんでいるイットクあああホリでした。  
Posted by jccsapporo at 17:23Comments(85)TrackBack(0)

2005年10月15日

阪神上場問題「僕の戦略ミス」

2999023a.jpg村上ファンドを率いる村上氏はTBS問題以外に阪神の上場問題に関しても言及した。村上ファンドは阪神電鉄株を約40%保有、11日には電鉄側と初のトップ会談を行った。同日、阪神・星野SDが「上場反対」の姿勢を打ち出して以降、風当たりが強いことについて「上場のやり方によってデメリットはない。本当はファンのものにするという意図でやったんだけど上場は金もうけだろうと思われて。戦略的に失敗したとは思っている。明らかに失敗。僕の戦略ミス」と分析した。

 親会社が上場している以上、球団の上場こそが買収への最大防衛策となることを力説した村上氏は自らが提案したファン投票についても「上場といっても数年かかる。その間に皆さんで真剣に考えていただきたい。1度ダメなら来年もう1度やってもいい。問題があれば考えればいい。それでもファンが嫌というなら僕はこだわらない」と柔軟な姿勢を示した。

 また、巨人・渡辺球団会長が「村上氏の背後に宮内さん(オリックスオーナー)がいる」と話したことに関しては「ない。宮内さんの名誉のために言うけど全くない」と全面否定した。

ホリです。
野球人気が低迷していますが、違う意味で注目を浴びています。

複雑な思いです。

  
Posted by jccsapporo at 14:46Comments(20)TrackBack(9)

2005年10月14日

三木谷氏 楽天か横浜売却も

午後5時すぎから都内のホテルで記者会見した三木谷社長はフジサンケイグループのフジテレビがヤクルト球団株を、ニッポン放送が横浜球団株を保有していることを挙げ「今回が最初の例ではない」と指摘した。しかしその一方で「一般論として申し上げると、やはり1企業、1球団が複数のオーナーシップを持っているのはあまり好ましくない」と語り、TBS株取得が野球協約第183条に抵触する可能性があることを自ら認めた。

 TBSは横浜球団株を約70%保有する親会社。楽天が、そのTBS株を15・46%保有して筆頭株主となったことで、横浜にも大きな影響力を及ぼす。野球協約第183条は試合の公正性を維持するために定められたもの。1企業が複数球団の支配権を握れば敗退行為などへの疑いからプロ野球への信頼も根底から覆されかねない。

 01年11月には横浜の筆頭株主だったマルハがニッポン放送へ球団株を売却。ニッポン放送が筆頭株主となることがいったんは実行委員会で認められた。しかしフジサンケイグループのフジテレビがヤクルト、ニッポン放送が横浜球団株を所有することに巨人・渡辺恒雄オーナー(当時、現球団会長)らが野球協約第183条に抵触する可能性を指摘。最終的に撤回され、TBSが買い受けた経緯もある。同条項には実あ行委員会やオーナー会議が利害関係が認められないと判断した場合、間接所有が認められるが、厳密な規定は存在しない。

 三木谷オーナーは今後について「コミッショナー、オーナー会議と相談して検討しなければならない」と明言を避けたがTBSとの経営統合を優先すれば、楽天球団売却の可能性もあるが、25億円の預かり保証金を支払って新規参入したばかり。最低10年間の継続保有も確約しているだけに、TBSとの話し合いで横浜球団の方を売却する選択肢も存在する。三木谷社長は「先方(TBS)と相談する事項」と含みを持たせており、複数の構想が存在するようだ。

 村上世彰氏率いる「村上ファンド」の阪神電鉄株の大量取得が社会の注目を集める中で発生した楽天のTBS株大量取得。昨年、近鉄、オリックスの合併、楽天の新規参入と激動した再編劇の第2幕が開く可能性が高まってきた。

 ≪TBS売却ない≫TBSは井上社長、城所取締役が午後9時半から緊急会見した。楽天との最初の接点については「プロ野球を一緒にやるということで面識を得た」と説明。また横浜球団については、城所取締役が「きょうの三木谷さんとの会談では何も話をしていない。TBSとしては三木谷さんが(球団を)2つ持てないからという理由で売るつもりはない」と球団を手放す考えがないと明言した。


ホリです。
ここ最近、時代の変革がリアルに進んでいます。

やっと21世紀らしいな〜と思うイットクでした。(あっホリでした・・・)



  
Posted by jccsapporo at 08:17Comments(55)TrackBack(9)

2005年10月11日

ドコモ・楽天が提携、ネットオークションで合弁会社

 電子商取引最大手の楽天とNTTドコモが、インターネットによるオークション分野で提携し、合弁会社を設立することが11日、明らかになった。

 楽天が運営するオークション部門を分社化した上でNTTドコモを引受先とした第三者割り当て増資を行う。合弁会社の出資比率は楽天が約60%、NTTドコモが約40%とする見通しだ。同日午後、発表する。

 楽天のオークションは、出品数では最大手のヤフーに次いで国内2位の172万点。楽天は、NTTドコモとの合弁で、携帯電話でのオークションなどを充実させ、ヤフーを追撃する狙いがあると見られる。

ホリです。

オークション大手ヤフーに対抗って・・・ケイタイ端末売買かな?!

おもしろい事になってきた・・・

部長・・・うちの商売もパイプ増えそうですよ!!!

  
Posted by jccsapporo at 18:24Comments(49)TrackBack(3)

2005年10月05日

<敷島製パン>横領19億円、交際女性17人の生活費に

 「敷島製パン」(名古屋市東区)の健康保険組合の口座から現金約9億7900万円を引き出し着服したなどとして、業務上横領の罪に問われた愛知県豊橋市三ノ輪町、元同組合事務長、松林正明被告(56)の初公判が4日、名古屋地裁(伊藤新一郎裁判長)であり、松林被告は「(間違いは)別にございません」と起訴事実を認めた。
 検察側は、冒頭陳述などで、松林被告が飲食店で知り合った17人の交際女性に生活費を渡すなどのため、90年夏ごろから総額約19億円を横領していたことを明らかにした。多い女性では、月100万〜300万円を渡され、計約2億2000万円を受け取っていたという。
 また、松林被告が組合員について「愛人に渡す金を出してくれるスポンサー程度にしか考えてなかった」と供述していたことも明らかにした。組合口座の残高が不足した際には、横領分を戻して一時補てんしたり、04年度には自ら提案して保険料率を上げさせていたという。
 起訴状によると、松林被告は00年12月〜今年5月の間、同組合の三つの口座から計531回にわたって保険料約9億7900万円を引き出し、着服した。

ホリです。上記の事って許せないですね!

日本ってずさんすぎますよね・・・

過去にあった青森の住宅公社関連の男性も外国人女性に貢いで・・・

アホらしいですね  
Posted by jccsapporo at 12:08Comments(45)TrackBack(15)

2005年10月03日

投資に役立つのは「武勇伝」より「失敗談」

若手お笑いコンビの『ぶゆーでん!ぶゆーでん!』というフレーズが人気だと聞いた。しかし投資の世界では、「武勇伝」より「失敗談」から学ぶことが多い。投資に絶対はあり得ないのだから。

--------------------------------------------------------------------------------

 近所の小学生達が下校途中、『ぶゆーでん!ぶゆーでん!』と言いながらふざけあっていたので、近頃の子供達は随分難しい言葉を知っているもんだなあと感心していたが、後から、最近人気のお笑いグループの真似だと聞いて、苦笑いするよりなかった・・・。

 それにしてもここ最近は、日本の株式市場も活況ということで、様々なメディアで投資の“武勇伝”ならぬ成功談を目にする機会が多くなった。しかも昨今の投資ブームの影響か、言うなれば“素人さん”が投資の本を書いたり、講演を行ったりするようなケースも多く、またそういう方が親近感もあって人気があるのだという。バブル崩壊後の、株式市場が長らく低迷していた頃のことを思うと、こうした現象は非常に喜ばしい話ではあるが、ただ、一部に見られる過熱した状況には、少し不安を覚えることもある。

 最も気になるのが、投資の成功者を“神格化”するような傾向が一部に見られることだ。“カリスマ投資家”や“伝説の投資家”など、メディアの宿命上、インパクトの強い見出しを付けなければならないこともあろうが、受け取る側としては話半分程度に、冷静に受け止めておくのが得策であろう。どんなに優秀な投資家であっても、全戦全勝はあり得ない。それができるのは本当の神様だけである。神様でない人間の投資家ができることは、全戦全勝ではなく、勝ったり負けたりするうちの、勝つ方の確率をいかに高めるかということだけである。“武勇伝”というのは、勝った方の話にだけ焦点を当てたものであるということを、よく理解しておいていただきたい。

 このような当たり前に思えることを敢えて申し上げるのは、これらのことがかつては、プロの投資家達もハマった過ちだからである。せっかく一般にも根付いてきた投資を、一過性のブームで終わらせない為にも、同じ轍を個人投資家に踏んでほしくないのだ。そう遠くない昔、プロの投資家達の間でも、一部の人間を“神格化”しようとしたことがあった。ある者はそれに乗っかり、いい思いをした時期もあったのかもしれないが、大抵は最終的に破綻、共に憂き目にあうことになる。今ではプロの投資家達の間で、そうした“神格化”の傾向はほとんど見られない。“カリスマ投資家”というもの自体があり得ないということを、その時学習したからである。そうした学習の成果として生まれてきたものの一つが、リスク管理の概念であった。そこでは、『人間である限り必ず失敗はする。しかしその失敗した時の被害を最小限にコントロールできれば、逆に成功するチャンスが広がってくるのではないか・・・』というような論調が展開される。つまりプロの投資家達は、過去の失敗をしっかり省みることで、逆に成功への鍵を一つ手に入れることができたのである。
 投資というリスク(変動、不安定さ)を伴う行為を行っている上で大切なことは、“武勇伝”という片サイドの話だけを聞くのではなく、もう一方の失敗談にも目を背けないことである。確かに、投資の入門のような時にはサンプルの一つとして、誰かの成功例は役に立つことがあるかもしれないが、ある程度経験を積んでくれば、むしろ失敗談を聞くことの方が実際には役に立つことが多いであろう。

 さらに“武勇伝”といっても、あくまでも過去の、あるいはその時点までの成功談であって、これから先の成功の秘訣を教えるものでは決してないということも、よく理解しておいてもらいたい。もし本当にそんな秘訣があるのなら、神様のような徳のある人でない限り、他人に教えるはずはないだろうから。投資の世界は、数人の“武勇伝”だけで語り尽くせるほど単純な世界では

堀(ホリ)です。

投資とは人生の歩みを変えてくれる行動だと思います。

自分への投資。資産投資。運用。株式市場。債権利回り。不動産。

様々ですが、自分にあったスタンスでチャレンジしてもらいたい。

ホリは最近買収案件に携わってます。(某ラジオ局です)笑

古いかな・・・

次回、選挙・・・・だるまに目を入れたいな!!  
Posted by jccsapporo at 11:07Comments(800)TrackBack(11)

2005年09月19日

ホリです!!

1313abfb.jpgホリです。お世話になっております。

昨日と本日とお休みいただいて、旅行に行こうかそれともDVDたまったやつをみようか迷って迷って・・・・・・。

結局ネットサーフィン   げっげげですよね(笑)


そこで、交流・交際とゆう検索コンテンツを調べてたら・・・

身近なところで・・・大人の交際を見つけてしまいました。



今度、チャレンジしてみたい。
ホリ・・・先月バイオの新品購入しちゃいました。(お金稼がなくては・・・)  
Posted by jccsapporo at 15:29Comments(53)TrackBack(8)

2005年09月15日

日経

73576846.gif 15日の東京株式市場は、企業業績の改善期待などを背景に外国人投資家が買い越し姿勢を継続し、日経平均株価(225種)の終値は前日比152円53銭高の1万2986円78銭と大幅反発、13日に付けた年初来高値を更新し、1万3000円の大台に迫った。
 外国人投資家の強気の姿勢が、国内勢の追随買いを誘う好循環となっており、個人投資家を中心に中小型株の売買も活発化した。東証1部の出来高は約30億1300万株と、今月9日に次ぐ過去2番目の大商いとなった。

 全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は14・94ポイント高の1327・29。
  
Posted by jccsapporo at 17:15Comments(61)TrackBack(4)